踊る阿呆にみる阿呆
同じ阿呆なら踊らにゃ損々
エライヤッチャ エライヤッチャ
ヨイヨイヨイヨイ~

阿波踊りは、約400年の歴史があり、徳島を発祥とする日本三大盆踊りの一つで、
毎年8月12日~15日に開催されます。
そんな歴史深いお祭りは、「連」と呼ばれるチームそれぞれが、
試行をこらした衣装で徳島の街を舞い踊ります。
今回は、1000を超える「連」の中から、
徳島県阿波踊り協会所属「ほんま連」にお邪魔しましたぁ~!!

Q:いよいよ阿波踊り本番が近づいてきましたね。
A:はい、今から楽しみです。

Q:だいたい練習はいつくらいから始めているんですか?
A:常にやっていますよ! 1年間を通して、週1~2回、6月からは週3回、7月からは週5日です。

Q:そうなんですね。すごい練習ですね。
A:はい、普段は、「阿波踊り会館」で、観光客のみなさんに披露しています。 あと、結婚式の余興に呼んでいただいたり、花はるフェスタ、阿波踊りの前夜祭、 田舎博など、協会のイベントでも躍らせていただいています。

Q:阿波踊り会館で踊れる連は、数ある連のなかでも、 33の選ばれし連!と、お聞きしましたが…。
A:そうなんですよ。その33の連は全て有名連です。



Q:そんな、ほんま連の特徴は?
A:女法被提灯踊りで有名で、テレビや新聞によく取材に来てもらってます。 これは珍しいので、ぜひ見ていただきたいです。



Q:では、阿波踊りの特徴は?
A:連によって特徴が違うので、一言では言えませんが、 動と静の豊かな表現で情熱あふれる踊りですね。

Q:踊りのあとの、タピオカドリンクはいかがですか?
A:はい、とってもおいしいですね。私は、初めていただきました。 うちの連員に、いつも行かせていただいている者がいまして、 「美味しい、美味しい」と言ってたんですよ。
私は「タピオカっちゃ、なんじゃ?」と思っていたんですが、 私みたいな45歳のおやじでも美味しく飲めるので、今度、家族で飲みに行かせてもらいます。

Q:そうなんですよ。よく若い子だけのドリンクだと思われがちなんですが、 うちのドリンクは、そんなことないんです。こだわってます(笑)。 家族連れのお客様も多くいらっしゃっていただいています。
ズバリ、連員をまとめる秘訣は?
A:私はなんにもしていません。各パートリーダーに全て任せています。 私は、練習、本番を含めて、連員に楽しく踊ってもらえるよう雰囲気づくりに心がけています。 みんなプロ意識を持って一生懸命、楽しく踊っています。

Q:そうなんですね。今年は女法被提灯踊りに注目ですね。

今回、お話を伺った連長、雑賀陽一さんは、19歳のころから阿波踊りを始め、
阿波踊りの魅力に魅了された方の一人です。
普段はもの静かな雑賀さん。阿波踊りを語る目は本当に熱く、引き込まれます。
徳島の夏が、今年も暑く熱くなること間違いなし!!



徳島県阿波踊り協会所属ほんま連、連員募集!
いつでもお気軽に見学できます。
連絡先:0883-26-1037
ブログ:http://blog.ap.teacup.com/honma/

Copyright(c) TeaWay All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com